業者に乗せられて購入した不動産を仕方なく損切りで売却しました

不動産業者の話からマンション購入を提案される

そのときの私には実は気の緩みがあったのですが、それは大学への進学と同時に借りた奨学金の返済がちょうど終わってホッとしていた時期だったからなのです。
地方の工業系の大学の卒業と同時に運良く大手企業の子会社に正社員として働くことが出来た私は、仕事は激務でしたが二年目あたりからの給与は今の時代にあっては少なくないほうでした。
そのため数百万円借りていた奨学金も数年であっという間に繰り上げ返済が出来たのですが、その後マイカーを購入してローンの返済も済むと緊張感が解けてしまったのだと思います。
ある日職場にかかってきた一本の電話に興味を持って、私は仕事が終わったあとにその不動産業者と会うことにしたのでした。

一生物の買い物になるので時間や手間をかけて納得のいく良いところ是非見つけてください(・ω・)ノうちの姉はあまり考えず決めてしまいマンション購入失敗してしまったので

— 春乃やくも (@2039Kamoto) 2016年5月13日
不動産業者とはいっても彼とは同世代で、話しているとなんとなく好感が持てる奴だなという感じだったのです。
彼は私にマンションの購入を持ちかけてきて、今の低金利時代ではせっかく稼いだお金を銀行などに預けていても増えないから損だなどと説明をしました。
つまりこのような時代だからこそマンションを購入してそれを賃貸とし、賃貸料で住宅ローンを返済すれば貯金をするよりもずっと儲かるという話でした。
実は私には高卒で大手企業の営業をやっていた大叔父がいて、大叔父は給与をもとにローンを組んで不動産の売買をし、その利益で何件も住宅などを購入しただけではなく子供を私大の医学部に入れた実績があったのです。

不動産業者の話からマンション購入を提案される : 利益を得たいと話を鵜呑みにしてマンション購入 : 騙されていたため数百万の損切で売却することに : 不動産売却の際にはここに気を付けて下さい!